» 社会課題とは?プロジェクト1000

P1000コラム

社会課題とは?

公開日:

1.社会課題の定義

社会課題とは、世に知れ渡っている解決すべき問題と定義できます。このような定義をする中で、一つ懸念すべきは、「世に知れ渡って“いない”が、解決すべき問題もあるのではないか?」ということです。確かに、情報社会になった昨今においては今まで闇の中にひっそりとあったような社会課題が世に知れ渡りやすくなっているものの、未だほとんどの人が知ることさえ出来ないような課題は、表出している社会課題の数くらい、またはそれ以上に多くあるかもしれません。しかし、ここでは“社会”課題というものの定義をしている性質上、そのような課題は本定義には含めずに進めていきますが、解決すべき重要な懸案事項には変わりはありません。

P1000_記事_社会課題とは_写真_1

2.世に溢れる社会課題とは

 世に数多く存在する社会課題でありますが、大まかなにどのような分類があるのでしょうか?参考として、文部科学省の「安全・安心を脅かす要因の整理結果」を挙げさせて頂きます。
 
・犯罪
・事故
・自然災害
・戦争
・サイバー空間の問題
・健康問題
・食品問題
・社会生活上の問題
・経済問題
・政治・行政の問題
・環境・エネルギー問題

 上記で挙げたような分類でも全ての社会課題を列記できているわけではないものの、概ね上記のような分類で語れるかと思います。一般に社会課題を解決する社会起業家という言葉が連想されるものは、貧困や社会的弱者への支援などを想像される方が多いですが、犯罪や自然災害への防止や対処なども含まれますし、その領域で奮闘する社会起業家も存在します。

3.誰かが必ず解決しなければならない課題

社会課題に共通しているものは、「誰かが必ず解決しなければならない」ものであるということです。そして、その課題を解決しようと立ち上がった社会起業家を私たちは応援する必要があるようにも思えます。なぜならば、誰かが解決しなければならない課題を彼や彼女が解決してくれているのだから、出来ることから応援の手を差し伸べるのは至極当たり前のことです。加えて、私たちは誰でも何かしらの社会課題に直面しているはずです。そして、その直面している課題を解決してくれている誰かがいます。それは国内にいるかもしれませんし、世界にいるかもしれません。
 自分の金儲けのために動いているわけではなく、社会が抱える、複数人の人にマイナスの影響を与える課題を解決しようとしているのだから、何かしらの支援をすることは義務とも言えるでしょう。なぜならば、先ほどもお伝えしたように私たち自身の課題を解決してくれようとしているのだから。
 まずは、どのような形でもいいのです。サービスを利用する、SNSで活動をシェアする、寄付をする、有益と思える人を紹介するなど、方法はいくらでもあります。行政や営利企業が解決するには限界が見えてきた今こそ、険しい道と人類の未来を背負って立つ社会起業家への支援は今を正しく生きるもののスタンダードなのですから。

P1000_記事_社会課題とは_写真_3

この記事をシェアする

Pocket

ページトップへ